運動嫌いが首肩のためにする弓のポーズ

スポンサーリンク

ストレートネックが怖すぎるholyです。おはようございます。

スポンサーリンク

体が硬すぎてヨガが出来ない

子供の頃から体が硬く、あぐらをかけないまま今に至ります。

運動嫌いでリズム感もないので、ゆっくり動くヨガなら出来るかも!と、楽しみに体験してみると体が硬すぎて無理でした…

体験したヨガがホットヨガだったことも悪かったのだと思いますが、視界が狭まって気分が悪くなりました。

今思えば血管性迷走神経反射ですね。

丈夫がとりえ、寝れば疲れが取れていた

元来寝ることが大好きです。

30代後半くらいまでは寝れば疲れは取れていました。

ところが最近、寝ても疲れがとれなくなってきて。

疲れと言っても首や肩、背中がはって首を動かすと痛くなるものです。

今の仕事を始めてから出た症状なのですが、休みの多い職場なので、休んでいる間に症状が軽くなり、また仕事をして痛くなり…と繰り返していました。

2年前は休みも多かったので回復する時間があったのですが、最近は勤務日が増えて疲れが溜まるように。

肩甲骨も硬い

五十肩でも肩甲骨まわりをマッサージするとその時は腕が上がるようになりました。

肩甲骨をほぐすことの大切さは分かっていたのですが、どうすればいいか、運動嫌いな私でも続けられるストレッチはないものかと、色々試していました。

今までは肩甲骨を広げるイメージで動かして、もちろん肩まわりはスッキリするのですが首筋の張りには効果が無さそう。

胸を開く弓のポーズ

逆に肩甲骨をすぼめてみたら?

と思いまして、弓のポーズをしてみると、

  • スマホ猫背で前に来ていた肩が広がる
  • 下向きの仕事で前屈みの首がのけぞって気持ちいい
  • 腹筋に力が入る
  • 体が硬くても出来る(重要

と、いいことずくめ。

一日仕事をしても首が痛くなくなった

ストレッチをしてから寝るようになって、夜中に起きる回数が少なくなりましたし、首がずいぶん楽になりました。

完全に無くなってはいないので、ゴルフボール指圧もまだまだ必要ですが。

これまで健康だからと、運動もせずストレッチさえしていなかったものですから、これから習慣づけるのは大変ですが、今気づけて良かった!

体が硬いからストレッチはしたくないって思ってしまっていたら、もっと酷くなりそうですから。

ヨガは出来ないと全てを拒絶せず、出来るポーズから初めてみると良いのかな。

 

 

どうしてこんなに体硬いのかなぁ(不思議

の1クリックを

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました