ウォシュレットを交換しよう!後編

スポンサーリンク

夫のいない間に色々(作業)した主婦holyです。おはようございます。

スポンサーリンク

壊れたウォシュレットが付いたトイレ

とりあえず作業前。

一度も交換したことがない16年物のウォシュレット。

うちの設備、まだ決定的に壊れた物がないのでこれから続々と色々なものが壊れる気がしてソワソワします。やだなーやだなー。

ウォシュレットを取り替えよう!

取り外したところ。

元栓を止めて、ホースを外す時は水がこぼれるのでバケツ的な物を用意しておきましょう。

ゴムプッシュの外し方

この黒い部品はゴムプッシュ。

上から引っ張り出そうとしても無理です。

写真のように上から押し込むと下からコロンと出てきます。

ずいぶん劣化していました。

ウォシュレットを付けている限り掃除できない場所なので、この機会に掃除しておきましょ。

分岐水栓を取り替える

付属品はウォシュレットへとつながったホースがついた分岐水栓。

今まで不具合は無かった(便座が冷たい以外は)のですが、パッキンがかなり摩耗していました。

古いパッキンを取り除こうとしたのですが、劣化してくっついていたので諦めてそのままパッキンを付けました。

分岐水栓を取り付けてトイレ本体のホースとつなげば完成です。

再度、取り替え後の写真

何故1年も取り替えなかったのか

ホームセンターなどでウォシュレットを販売しているのを知り、もしかして自分で取り替えできる?と思ったのです。

プロに頼むほうが確実なんじゃないか、失敗したらどうしよう、買ったけど付けられなかったら途中から業者の人に頼めるのかな?などなど

初めてすることに不安があり、「まだ完全に壊れてるわけではない」と誤魔化していたのです。

でも、姉の悲鳴(笑)を聞いて、早く取り替えようと思えました。

なんとかなるでしょって。

ウォシュレットは自分で取り替えできる!

アラフォー主婦が取説読みながら一人で作業して1時間くらいでできました。

ゴムプッシュを引っ張り出そうとして5分くらい悩みましたが、検索したらすぐに出てきました。

同じように悩む人が居るのねって、ちょっと安心。

物には耐用年数があります。

ウォシュレットは水回りの電化製品ですものね。

事故が起こらないうちに早めに取り替えたほうがよかったなぁ。

家を持つということは、こういう細々した修繕が必要なのですね。

 

 

一仕事終えたと思ったら
次の作業が…
夫よ、主婦はこういう諸々なことを
気にしなきゃいけないんだぞー
の1クリックを。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました