使い捨てと何度も使えるもの、どちらも利点がある

スポンサーリンク

頂き物のローストビーフ、賞味期限を大幅に超えさせてしまって落ち込んでますholyです。おはようございます。

スポンサーリンク

寒がりだったころに買ったカイロ

白金カイロを使っていましたが、燃料を使い切る前に季節が変わり次の冬にはすっかり存在を忘れて早数年。

使い捨てカイロのように中身が偏ることなく、カイロ全体がじんわり、ずっと暖かくてとても良い商品なのです。

繰り返し使える物が好きだった

使い捨ての物を持つことに罪悪感を感じる時期がありました。

エコバッグを持ち、割り箸を断り、シリコンのラップを買っていました。

今も家で食べる物なら割り箸を断りますし、ビニール袋が有料なのでエコバッグを使っています。

シリコンのラップは使い勝手が悪くすぐに使わなくなって、片付け始めたころに捨ててしまいました。

この時期に使い捨てるよりも、繰り返し使いたいと思って買ったのでした。

今の生活環境では使い捨てが合っている

今は寒がりではなくなって、カイロを使う時は冬キャンプで貼るカイロを何枚も使わなければならないくらいに寒い時。

今は使い捨てカイロを使う方が合っているかな。

使い捨てではないということで、捨てなくていいと思っていましたし、燃料が残っていることが気になっていました。

燃料を使い切ってから一度手放してみる

とても良い商品ですが、今は使わないことは分かっています。

今後、また寒がりになるかもしれないです。

その時に使いたくなるかもしれません。

ただその時、私の年齢的にベンジンを使ってカイロを使うよりも使い捨てカイロを使いたくなるような気がしています。

なので、今あるものを使い切ってからさよならです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました