手作りの物は執着心が生まれる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

作る事は楽しい

独身時代レザークラフト教室に通っていました。

不器用なので人に使ってもらえるほどの物を作ることはできませんが、自分で使うものを作ることは楽しかった。

つたなくても自分で作ることで愛着がわき、執着心が生まれます。

覚書用に手帳を作る

クレジットカードの利用状況をメモしたり、

住所や読みたい本、美味しそうレシピなど。

今ではスマホにメモするようなことを、何でも書いておくための手帳。

型紙を作り紙を綴じるためのリングを買い、ひと針ずつ縫って作った手帳。

出来上がった時から執着する

手作り品はただでさえ思い入れが強くなりがちなのに、自分で作ると思い入れどころか執着しちゃう。

作った当初はしっかり使っていました。

こういうことを書きたいからと作るのだから、当然使い道はあります。

数年経った今、

スマホのメモで代用できるし、小さいものにチマチマと書く事が面倒になってしまいました。

持ち歩かないから、A5版くらいの大きさがちょうど良い。

夫のお古のA5版の手帳カバー

家で使うには十分な手帳カバーを貰いました。

夫のお古です。

書き物にちょうどいい大きさ、開いた時ひらたくなって書きやすい。

手作り手帳はすぐに閉じようとして、手でおさえながら書かなくてはいけないので、地味にストレスです。

執着して無理に使うのをやめる

自分で作ったから、ただそれだけの理由で使い続けていました。

手帳が2冊あることで、収納しているところがいっぱいで、サッと取り出せない。

取り出しにくいし書きにくいなんて、使い勝手が悪すぎました。

書き物を快適にするために、執着は捨てることにします。

小さなことでも家や生活からイライラを無くすことが、自分を大切にすることの一つではないかなと思い始めています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました