捨てる前に隠すのは効果があった

スポンサーリンク

優柔不断なholyです。おはようございます。

スポンサーリンク

考えてるだけだと結論が出ない時

使っていない物、代用がきく物など捨てやすい物は順調に手放していきました。

洋服は短い期間で買い替える消耗品という認識なので、何かを買ったら同じだけ手放すことを意識して、増えないように気を付けています。

このように使用不可能になっていなくても捨てやすい物とは逆に、

壊れにくくて流行は関係ない物、使用頻度は低いけど時々使っている物などは、なかなか思い切れないのです。

手放しづらいジャンル

私の場合はキッチン用品。

使いにくくて好きではない物や、見た目がいいからと気分で買った物などは、使わないと判断できます。

が、

機能的・実用的な物を数が多いから減らしたいという時、決断出来ませんでした。

隠して手放した後の使い易さを体験

今までも決断出来なくて、隠して保留にしていた物が何点かありました。

1年に数回しか使わない物は隠してみる。
キッチン用品、明らかな不要品はもうないけどもしかしたら使わなくてもいいのかもしれないと思い始めたholyです。おはようございます。調理器具、少しでも使ってると捨てにくい問題私が物を減らしはじめたころから、頻繁に見直している...

何に数回しか使わない耐熱ガラスのボウルとステンレスのザルとボウル。

年末に料理を大量に作る時、間に合わなくて引っ張り出すと思っていたのですが、

手持ちの物で十分でした。

隠したことで流し下収納が使い易くなったことを体感できて、やはり物は少ない方が楽だと再確認。何度目かの再確認。

2アクションまで

料理をする前に必要な調理器具や調味料を出して準備なんてしていません。

作りながら必要になった物を収納しているところから取り出しています。

なので、2アクションまでで取り出せれば動きがスムーズ。

3アクションになると若干イライラしてきます。

料理中は手が濡れていたり、火を使っていたり、物を取り出す動作がいつもとは違います。

何かを取り出す時に何かを避けて取り出すのは小さなストレスが積み重なって、料理自体が嫌になりそう。

今思うと、実家で料理をするのが苦手だったのは、何をするにもアクション数が多かったからかも。ま、他にも原因あると思いますが。

考えても分からなければ隠そう

きっと要らないけど…と思いながらも、

考えても触ってみても要不要がわからない時は、隠して様子を見ることが手っ取り早い。

必要だった時に捨てていたら困る。ということが心配で捨てられないことが多いので、

  • 困らない
  • 使い易くなって、むしろ要らない

となると、未練なく手放すことができます。

不要品は何度も周回し見回して、景色と同化していたり、必要!と思い込んでいるものを見つけると、スッキリが一段階進むのかもしれません。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました