捨てハイになった時は洋服を捨てる

スポンサーリンク

捨てすぎ注意!holyです。おはようございます。

前回からの続き。

スポンサーリンク

買い物が下手だから物が増える

捨てることが出来るようになり、捨てることが楽しくなったころ、

今までと同じように買い物をして、その買った物が要らない物に見えたことがありました。

私は買い物が下手なんだ!

やっと気づいた瞬間です(遅)

本当に欲しいのか、手持ちで代用出来ないか、今持っている物と用途が被っていないか、被っているなら今持っている物を捨ててまで欲しいのか…

ただ、素敵だ!と気分で買い物をしようとしていないか。

物を買う時に、今までちゃんと吟味していなかったことを改めないと、

買っては捨て買っては捨て、キリがないことにやっと気づけたのです。

持っていなくても困らない物を捨てる

物を買う時に吟味するようになると、家にある物を見て、要らない物がまだまだあると感じるようになりました。

沢山ありすぎた調理器具、代用できる物など無くても困らない物を捨てていきました。

土鍋を二つ持っていたり、パンをこねる用のボウル、レンジをかけられる用に耐熱ガラスのボウル、ステンレスのボウル…

何故にパンこね専用のボウルがいると思ったんでしょう。耐熱ガラスボウルでいいじゃない。

このように思い込みで要ると判断したものでも、物を減らすと思って点検してみると、不要だなと思うようになってきました。

何度も点検して不要品を捨てる

思い込みとは怖い物で、これは〇〇に必要だからとっておく。

と、思い込んでいる物は沢山あります。

当たり前だと思っているのだから不要だと判断出来ません。

私のような頑固者は特に(笑)何度も何度も見直すことが大切だなと。

捨てハイになったら洋服を捨てる

片付けをしていると、思わぬところに不要品がゴッソリ詰め込まれているのを発見する事があります。

吊り戸棚の奥とか(実体験)

必要だと思い込んでいて、でも使用頻度は低いからと目につかない所に押し込めていたけど忘れていた物、なんて物を見つけた時は、

キターーー(≧∇≦)

↑捨てハイ状態

こうなると、楽しくなって捨て過ぎてしまいそう。

こんな時は洋服を見直します。

シーズン毎の微妙な流行とか、私分からないんです。

苦手な事を気乗りしないのに調べる時間を使うくらいなら、1か2シーズン限りで買い替えた方が気持ちが楽です。

なので捨てようという気持ちになった時は、洋服を見直すところから始めると、

冷静になれるというか、捨てたい欲求が満たされるというか。

捨て過ぎても、あまり後悔しないからでしょう。

好きな物を捨て過ぎると、後悔してしまいますから。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました