年賀状を(ほぼ)一人で作った夫の感想

スポンサーリンク

年賀状の一言手書きコメントを求めるのはやめましょう?holyです。おはようございます。

スポンサーリンク

新聞の投稿欄によく書いてある話題

読者投稿欄が好きでよく読んでいます。

色々な考え方があるなと参考になって面白い。

いつの間にか、自分の考えが当たり前と思っていないか気づかせてくれます。

年末が近くなると年賀状の投稿が増えてきます。

年賀状をやめた方、止めると言われて寂しがってる方、宛名も文面も印刷で味気ないという意見も。

手書きの一言があると嬉しい気持ちはわかる

わかるけど、そのプレッシャーが年賀状をやめたくなる原因かも?

年賀状のやり取りでしかお付き合いのない方への一言コメント、毎年どれだけ悩んでいるか…

この一言コメントを書くために、年賀状のテンプレート選びにどれだけ時間をかけているか!

今年から年賀状を減らしています

私はもともと年賀状をあまり出していませんが、今年はもう少し減らしました。

今でも仲のいい友人はメールやラインで挨拶します。

親戚と数人の友人。

数枚しか出さないと思うと、その数人は年賀状を出したいと思うほどの人。

その中には何年も会っていない人もいますが、一言コメントを書くことに何も悩みませんでした。

当たり障りのない一言コメントが多いほど、「今年こそ会いたいね!」と、会わないだろうなと思いながら書くコメントが虚しくなる。

少ない枚数だからこそ、一人一人に向き合えるのかもしれません。

…たった7枚だから向き合い放題です。

夫は一人で年賀状を作らない

夫は私が取り掛かる時に一緒にすればいいと思っているようで、自ら年賀状を書き始めることはありません。

少なくとも15年ほど。

でもね、私は7枚ですが夫は100枚近く出しています。

少し前に聞いた時も年賀状をやめる必要はない、連絡が取れる少ない機会を減らす必要はない(キリッ

と言ってました。

私はそれを聞いた時、なるほど人との繋がりを大切にしてるのね。と感動さえしたのです。

それほど思い入れを持って年賀状を書いているなら、私が邪魔をしてはいけない。

私と一緒に作る必要は全くないな、と

私は先に勝手に作って出してしまいました。

「いつでも年賀状作れるよ、夫」

そう伝えた時、夫は何故か焦っていました。

「え!先に出したの?」って。

私が手伝うのを期待していたらしい

思えば夫の年賀状を夫が出すのだから、放っておけば良かったのに先回りして、どうする?いつする?早く作らなきゃ!

と、うるさく世話を焼いてしまっていました。

こういうことをやめようと思って。

私は自分のことと家のことで精一杯なのです。

勝手に夫の世話をやいてイライラするなんて変ですよね。

そうは言っても突然何もしないとなると、夫も慌てるでしょうから、

「私は終わった。貴方は好きに作ればいいよ」と、PCとプリンターを用意しておきました。

今年の年賀状を作り終わった夫

「そろそろ、年賀状の整理をした方がいいかもね」

だそうです。

…私の感動はどこへ?

 

 

放っておかれると自分の仕事という
面倒臭さを思い知ったらしい
作業量は変わらないのに。
変なのー

の1クリックを

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました