夫の靴と危険な野菜(言いがかり)

スポンサーリンク

前回の靴箱掃除からのつづき

今回1足処分した夫が持っている靴の数は20足+ビーサン。

自分の持ち物ではないので、ぼかし加工しています。

最近は靴にカビを生えさせることも減りました。今回は1足のみカビを生やしたので処分することに。
このカビの生えた靴は義父(夫の父)から譲られた物で、夫もいらないと言えなかったみたい。
デザインが10年以上前のおじいちゃん仕様。
貰った瞬間「これは履かないだろうな」と私でも思ったくらいおじいちゃん仕様。
やっぱり一度も履かないまま靴箱一番上の取りにくい場所に収められたまま、今回のカビ生えとなりました。
私はカビって繁殖するから、生やさないように履かないならすぐに処分したほうが良いと思っています。仮に保存するという意味合いで取っておくなら(意味不明ですが、父から譲られたから持っていたいというなら)、ちゃんと手入れをすればいいのに。

今回、カビが生えているのを見つけましたので手入れしてから収めるように、出しておいたのですが、カビが生えていたと伝えた私に夫は「なら、捨てていいよ」と言いました。

…「捨てていいよ」て、私がやいのやいの言うから「なら、捨てていいよ」という意味かなぁ。
ムカつくよね!
いつもは気にならない言い回しですが、面倒そうに言われると、何か引っかかる。
言葉尻が気になってしまう、自分の性格が嫌なのですが、なかなか変われません。

私は、気分というか気持ちが上下することが苦手で、常に低空飛行です。
テンションが上がってとか、いつも明るいとかは無いですが、ひどく落ち込むこともない。

時々、落ち込みそうになると、家で一人の時、すっごい独り言を言う(やばい人です/笑
ちょっとしたことで落ち込むのですが、本当に小さな出来事なので、自分にどんなデメリットがあるのか、その小さな出来事で、逆にメリットになることは無かったのかなど、声に出してみると落ち着いて、「わー、ほんとに大したこと無かったな」と、気持ちに片が付く。

一方、本当に大ごとが起こると脳内の何かが分泌されるのか、ちゃんと頑張れたりします。
不思議。

昨日とても怒りを覚えたけど、誰も悪くないため怒りの矛先を見失ったことがありました。

炒めていた熱々のホウレンソウが弾けてぺったりとくっついた(熱痛
勝手に飛んでくるのやめてほしい。

タイトルとURLをコピーしました