片付け始めてから4年。まだまだ続くけど楽しい!

スポンサーリンク

ごっちゃりした圧迫感のある家から、スッキリには程遠いけど体を横にしてすり抜けなくてはいけない場所はなくなりました。holyです(基準が低い

スポンサーリンク

不用品を手放すことを知って4年

お片付け歴は4年、まだまだ初心者です。

私はお片付けノートで不用品を手放さなければ片付かないのだと、納得したので、短期間でのお片付けには向いていないのだと思います。夫が持ちたがりで、夫婦共有のものは私一人の判断で不用品と決めることはできませんから。
家族全員の意見が一致して、一度にお片付けできたらかなり早く片付くのでしょうが、それぞれですよね。

我が家はまだまだ使っていないものを押し入れや倉庫に入れています。
手放すことを知らないままだったら、収納ケースをドンドン買って部屋を物置部屋にしてしまうところだったと思いますので、新たな収納を購入せず、少しずつでも不用品を減らしていることで、OKにしています。
完璧主義の方は、このOKの基準が厳しいのかな?

買い直したことは一度もない

今まで不用品を手放したことで、後悔したことや買い直さなければならなくなったことは一度もありません。それだけ、明らかに不用品が多かったということですね。
元々、収集癖があります。雑貨はあまり集めないのですが、本は今でもこの癖が出ます。
これまでで一番収集欲が出たことは、アガサ・クリスティーを全て集めることです。

他の本などは途中で飽きれば止められるのですが、面白かったのが収集し続けてしまった原因ですね。

映像が綺麗だったなー

迷ったら置いておく

迷ったら捨てる、という考えもあるでしょうが私は置いておきます。
物を捨てることに抵抗がありましたし、捨てた→必要だった→同じものを買い直した。という行動は、もしかしたら後悔や罪悪感で片付けが進まなくなってしまうかもしれないと思ったからです。

迷った物って結局は不用品です。それでも、迷ったら置いておくことで「やっぱり要らないな」と判断できるようになることが大切なんだろうな、と片付け初心者の私はまだまだ迷うので置いておきます。
きっと片付け上級者になったら、迷うことがなくなって、要不要の判断が早くなるはずです。

最終目標は夫が定年退職した時

私が不用品を手放し始めたとき、今までのように買い物をしなくなりましたし、大きな物は捨てる時大変と言って買わなくなりました。
夫は段々と物を捨てている私を不気味に(失礼な)思ったらしく、自分の物まで捨てられるのではないか、捨てることが楽しくなっているのではないかと疑っていましたが、夫の物の管理なんて面倒なことはしたくないし、使えるけど要らない物を捨てるという行為は今でも苦しくて嫌いです。

そんな夫も最近は「プレステ2っているの?」と聞くと「捨てようかな」と言ってくれるようになったので、そのうち一緒に不用品の仕分けをしてくれると信じて、信じて(プレッシャーかけて)おこうと思います。
(プレステ2て!買取店でも値段つかないだろうなー

今は夫は毎日仕事に行っています。時間もありませんし、スーツを着て行っていますので、服が多いのも仕方ありません。
なので、定年退職したら片付けしようね!と伝えています。
婚礼箪笥をゴミ収集場まで持っていく体力があるうちに、片付けなくてはいけません。

片付けは、すぐには終わらないものと思っていますし、今はそこまで罪悪感を感じてしまうような使わない物は多くありませんから、今持っている物を、使い切って処分したり必要なら買い替えたりしながら、少しずつ家の中がスッキリしたり綺麗になっていくことを実感することは、楽しいことだな、と思えるようになっています。

タイトルとURLをコピーしました