私の物は私の物

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家族カードを作ったこと

先日、私はクレジットカードを5枚もっているお話をしました。

この5枚もっているクレジットカードのうち、家族カードは2枚あります。

1枚はガソリン代を支払うためのもので、1枚を家計費用で使っています。

我が家は食費や消耗品、家電など家計費を支払う時、現金(や電子マネー)で支払うこともありますが、クレジットカードを使用します。

この時、私一人で買い物をするときに夫名義のクレジットカードを使用することはできませんので、私名義のカードが必要になります。しかし、家計費は夫のお給料から引き出すため、私の通帳にお金を入金する手間がかかっていました。

使う頻度が低ければ、そう気になりませんが、最近はキャッシュレスを推進されていますし、毎月家計費を計算して預金振替をするのは手間だなと感じていました。キャッシュレスでの支払いで小銭をやりとりしなくてよくなりとても楽になりましたので、毎月の手間も無くしてしまおうと家族カードの申し込みをしたのです。

本人カードと家族カードを持つ

家族カードがあれば本人カードを持つ必要はないかな?と一瞬思ったのですが、いつもの心配性が出て思いなおしました。

時々、持ち物を見直したりはしますが、今までクレジットカードなどは、頻繁に契約したり解約したりはしてきませんでした。今持っているカードでこのまま何年も過ごすと思います。

そうすると、夫が定年退職することになりますし、人間は永遠に生きることはできない以上いつかは亡くなります。そうして私が遺されたときに、クレジットカードを持っていなかったら、高齢の私にクレジットカードを作れる信用がなかったらどうしよう!と思ってしまったのです。きっと年金を受給していれば作れると思いますが(笑)

私は物の管理が苦手です。クレジットカードも、延滞などしなければ作れるでしょうから、手持ちを減らしてシンプルに暮らしていきたい。

でも、何かあったときに、慌ててクレジットカードを契約、なんてこともしたくないのです。

なので、自分が管理できる範囲で、過不足ない状態で物を持ちたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました