郵便局の休眠口座

スポンサーリンク

通帳も放っておくって、どれだけ無関心なの?holyです。おはようございます。

スポンサーリンク

郵便局の古い通帳

郵便局に切手シートの引き換えに行くのなら、ついでに夫の古い通帳を調べてもらうことにしました。

私も夫も、通帳がたくさんあると不便かな?と思っていて、給料振り込みも家のローンも諸々の引き落としも貯金も全て一つの銀行にまとめています。

とても便利だけど、貯金をするならもう一つ口座があったほうがいいかもしれないと思うようになって、新しく銀行に作るよりも郵便局の通帳使ったほうが簡単かな?と思ったんです。

休眠口座になってた

調べてもらったところ、休眠口座になっていると言われましたが、使えるようにすることはできるそうなので、新しい通帳を作ってもらいました。

キャッシュカード1000円単位で出した残り。

印鑑をさがして住所変更をしなければいけないけど、

この通帳、今どうなってるんだろ?って見るたびに気になっていたことが、一つ片付き始めたので、良かった。

放置するにしても…

854円と698円。

私だったら146円、302円を入金して1000円にして出金するけどなー

夫、おおらかだわー

私が細かいのかな?

動けるうちに片付けておく

今回は印鑑が一つ家に無いので、実家にあるのではないかな?と思います。

通帳に義父の字でメモ書きがあったので。

義父はまだまだ元気で認知能力もしっかりしていますから、聞くことができます。

本当に今調べておいてよかった。

放っておいた通帳に、大金が入っていることはないと思っていましたが、

古い通帳には残高30万円となっていました。

私たちが今より歳をとって、今よりも深く考えることが出来なくなることもあり得ます。

その時に、残高が30万円と書いてある通帳を見つけたとして、今のように残高が無いとちゃんと分かるのかな?

お金に執着して、実際には無いお金を「誰かに盗られた!」なんて被害妄想してしまうかも。

出来る時に、片付けておく。

物の事だけではないですね。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました