客用布団を持たないという選択

スポンサーリンク

ここ数年は我が家に泊まり客はいません。holyです。おはようございます。

スポンサーリンク

持っているから泊めていた

我が家には客用布団が二組ありました。

過去に使った時、客用布団があるのだから泊まれば?と、友達や家族に使ってもらっていました。

この経験があるので、客用布団は必要と思い込んでいたのです。

友達も家族も我が家にどうしても泊まらなければいけない訳ではなく、お酒を飲んだので泊まろうかな?という程度。

持っているからわざわざ使い道を探していたのです。

今使っている物が古くなった時に使うかも

捨てない言い訳は沢山出てきます。

敷布団はどうしてもへたるのが早いので、客用布団として持っていた物も使いきってしまいました。

へたった綿布団をマットレスに買い替え
あまり腰が痛くならないのは、掃除を真面目にしないからかも(割と本気)holyです。おはようございます。夫の買い物でもらったポイントを使い切る夫が腕時計を買って楽天ポイントをもらったので、以前から購入を考えながら、高いしまだ...

今は購入したマットレスを使っていて、客用の敷布団は持っていません。

ただ、掛け布団は傷みにくいのか、傷みが分かりにくいのか、まだ使えそう。

まだ使えるのなら取っておこう。今使っている物が古くなったら使えるし。

自然に天袋の取りにくい場所へ仕舞い込みました。

天袋にしまった物を数年後に使う気になるかな?と考えると…

カビ臭そうで嫌だな!

ということで、もう迷わないように手放す準備をしてしまいましょ。

何度も見直して考えないと捨てられない

何度も見直すってことは、きっと気になっている場所なんです。

私は本当に何度も見直さないと、不要と判断できない。

少しずつちゃんと考えて納得して手放さなければ後悔すると、この要領の悪い方法が私に合っているのだと、

自己暗示にかけながら(笑)

自分を肯定しながら捨てていかなければ。

物を買いながら同時に手放して行くことが、生きていくってことなんだ。きっと。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました