片付けと掃除、実家とのギャップ。トイレ編

スポンサーリンク

前回から引き続き、家をきれいにするために実家の常識をかなぐり捨て中のholyです。おはようございます。

スポンサーリンク

実家でのトイレ掃除とは

実家でトイレとは汚い場所だと認識していました。

もちろん、きれいな場所ではないとわかってますよ?でも、今の我が家のトイレと比べると、つま先立ちでスリッパを履きたいような何かを触る時は指先で触りたいような…

なので当然、掃除は苦痛でした。

トイレマットやカバーを付けることが常識と思っていた

トイレにはマットやカバーを付けるものだと思っていました。

実家でも使っていましたし、通販カタログを見てそれが常識なのかな?と勘違いしたのかな。今でも統一感のあるマットやカバーのかかっているトイレは素敵だなぁと思うのです。

マットを敷いていると床の掃除がとても面倒でした。今はクイックルワイパーでリビングから掃除を始めて、シートを交換しながらトイレの床も拭いた後、シートの裏面を使ってトイレ掃除をしてしまいます。トイレクイックル要らず。持ってますけど。

トイレに物を置かなければ掃除が楽になる

マットもカバーもついでにトイレットペーパーカバーも捨ててしまいました。

そしてトイレスリッパですが、迷いましたが捨てました。私がトイレスリッパを履いたままトイレから出てきてしまうので、床をこまめに掃除するほうがリビングにトイレスリッパを持ち込むよりマシという結論に。

トイレは換気扇をかけるので、ドア下からほこりが入ってすぐに汚くなります。

マットがないので、気づいた時に掃除できるようになりました。

掃除をしないことへの言い訳

マットを敷いていた時は、どうせ掃除するならマットを洗いたいし…という謎の理由で掃除を後回しにしていたんですよね。

自分へ言い訳するのはストレスだっと今では思います。
今日は疲れたからやらない。明日するって素直に認めてしまったほうが気分が楽です。
掃除が楽になれば、ちゃんと明日には掃除するのだから。

タイトルとURLをコピーしました