片付けと掃除、実家とのギャップ。キッチン流し編

スポンサーリンク

片付け苦手一族に育ったアラフォー主婦holyです。おはようございます。

スポンサーリンク

食器洗いにも実家の習慣を持ち込んでいました

恥ずかしながら夕食後に食器を洗う習慣がなく、まるっと一日溜めて夕食づくりの前に食器を洗っていたんです。

その習慣を結婚してからも我が家に持ち込んでしまったため、流しには常に使った食器がある状態。

洗わないのだから食器もたくさん必要でした。

キッチンリセットできるのは食洗機のおかげ

私が食洗器を買ったいきさつに書いたように、もともとは頂き物の食洗機。

手湿疹も出なくなり、面倒な食器洗いをしなくていい夢のような家電!

この食洗機があるおかげでキッチンリセットができるようになりました。

食洗機が我が家にくるまで手洗いしていたのですが、食器を洗うだけで力尽きていました。

食器を洗ったあとは流しや洗い桶をサッと洗い流して終わりだったので、排水溝カバーの中を確認することもありませんでした。当然、ゴミ受けネットを交換しようとカバーを開けると衝撃映像でしたし、排水溝カバーもヌルヌルしてた…(引くわー

食器洗いを食洗機にまかせて、その間に流しをきれいにできるようになったのです。

決して母を責めているわけではありません

私の母は食材の衛生には気を使っていましたが、流しを清潔に保つことはできていませんでした。

流しはきれいではないから洗い桶を洗って、その中だけで野菜を洗う。間違って流しに落ちてしまったら、その野菜をゴシゴシ洗う。というようなことをしていました。

去年、姉の家に遊びに行き、食材を洗っていると母と同じようなことをしていました。

母も姉も、「食器を洗うスポンジ」と「流しを洗うスポンジ」と「排水溝の中を洗うスポンジ」を使い分けていました。

私も排水溝カバーより上と下で分けていますが、流しは毎回洗えば食器用スポンジと兼用できるようになりました。

朝のキッチンリセット

今も夕食後はあまり家事ができていないです。なのでキッチンリセットは朝。

今回はスポンジを替えるので捨てる前に排水溝の中の中まで洗いました。

普段は

キッチン泡ハイターで漂白してしまいます。

そして上の写真と絵面が変わらない写真を撮ってしまった。笑

100均スポンジを取り替えて、蛇口が汚れていたらアルコールスプレーで拭きますがこのくらいのリセットです。

もっときれいにキッチンリセットされる方も多いと思いますが、私はこのくらいで十分です。あまり熱心になりすぎると疲れちゃうので。

汚部屋体質なので、簡単で続けられるお片付けを

忙しくなるとあっという間に部屋が荒れます。

物を少なくしてどこに収めるか把握し、収納する時に収納場所へポンと放り込めるくらいの物量でないと、すぐに物があふれ出ます。

毎日続けたほうが良い家事は、簡単で続けられる家事でないと「もうやめたー」ってなってしまう。ダイエットと一緒でリバウンドが一番怖い。

なので、疲れすぎないようストレスを溜めないよう、ほどほどにゆるゆると片付けています。

タイトルとURLをコピーしました