感動の薄い子供でした

スポンサーリンク

ペットはイイ!holyです。おはようございます。

スポンサーリンク

泣かせようとしてる?

感動する映画などを観て、逆に冷静になるというか言葉は悪いですがしらけてしまう。

素直に感動できない子供時代を過ごしてきました。

父に「薄情だ」と言われた事もあります。

父…何十年経っても忘れない娘になんて事言うんだ。

ペットに近かった?

上の兄姉を育てた後の私、親はかなり子育てに慣れていたと思います。

兄姉は小さいのが家に居るな、という感じ。

忙しくしている親は放置気味で、兄姉は親に頼まれて見てくれていました。

見てくれてたけど、その扱いが、ね。

お気に入りのぬいぐるみなんて持ってたら、取り上げられて放り投げられて。

犬との遊び方じゃない?トッテコーイ!じゃない?

末っ子は可愛がられながら放置されてる

姉は私のことを可愛がられていたと言います。

実際可愛がられてはいたと思いますが、

私が物心ついた時には、両親は不仲だし夜中に夫婦喧嘩してるし、母は父の愚痴を言ってくるし。

それを小さいから分かっていないだろうと思ってたらしいのです。

そんな強烈なこと忘れませんて。

ペットを飼って感動を知る

我が家には子供がいません。

なので、我が子の成長という心を揺さぶられるような経験は出来ていない。

私はアルマゲドンもタイタニックも泣けなかった20代女子でした。

でも、ペットを迎えてから家で観たアルマゲドン…

号泣したね!

感動できるようになってきたみたい。

30歳になるまで感動出来なかった

卒業式で泣いた事はありませんし、

20代のころ、感動物映画で周りの人が感動した泣いたと言っている中、

いい話だな。とは思うけど一滴の涙も出ず感動した様子もなく、むしろ無表情って!

流石にちょっと変かもしれない…と思いはじめました。

ペットを迎えたことで涙腺崩壊

それまで滅多に泣かなかった私が、ペットを迎えた翌日には大号泣していました。

ペットが大暴走した挙句、家具に激突したものですから、

怪我をしたかも?死んでしまったらどうしよう?

大人しくしてーーー!(滂沱)

生き物を育て始めたことと、この時期に大泣きしたことで、感情を揺さぶられまくり(笑)

この後、ちょっとしたことで号泣するようになりました。

感動ものなんて観たら嗚咽です。

いつかは観たいけど、怖くて観れない代表作(泣きすぎ注意)

感動できると幸福度が高くなる

斜に構えて「お涙頂戴だね」なんて言っているより、今の方が楽しくて幸せ。

洋服を捨てる時もかなり泣きました。

でも、あのとき泣きながら捨てた事で、一区切り付くというか、

買い物は気分でせず、ちゃんと考える。

過去は変えられないのだから、必要以上に勿体ながらない。

というようなことが骨身にしみたというか。

辛くても手放すと楽になり、幸福感が増す。

ペットがくれた幸せを、もう無くさないようにしっかり感動していこうと思っている、という話でした。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました