いつも着る服は少ない方が安心

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以前は服を捨てられなかった

クローゼットの中や箪笥、収納ケースにもギッシリ服を詰め込んでいました。

ダイエットをして痩せた時に買った服は、また痩せたら着るととっていたし、

全然着ていないけど高かったから捨てないとか、

服は破れたりしない限りすててはいけないと思い込んでいました。

なにより、着る服がないからもっと買わなくてはいけないとも思っていました。

着てみるとなんだか変な服

服を選ぶのは本当に難しくて、クローゼットの前で着たり脱いだり繰り返して、結局いつもの組み合わせ、なんてことばかり。

気に入って買ったはずなのに、着てみると何だか理由は分からないけど変?微妙?なことが多かった。

そんな服は持っていても着ないので、傷むこともなく持ち続けることになっていました。

セールで買った服はあまり着ない

セールになっていると、お得!と飛びついていました。

セールの服は、お得に買えたということが気持ちのピークで、着てみると似合わなかったり、太って見えたり。

ただでさえぽっちゃりなのに太って見えるなんて、絶対着ないです!

セールの時って、試着が面倒だったりしてサイズを見て鏡の前で当てておかしくなければ買っていました。

なので、実際に着てみると

………微妙。

間違いない服を少しだけ持つ

いつも同じ服でもいいのです

変でなければ。

たくさん服を持っていた時も、着る服は決まっていました。

着ていない服でクローゼットをいっぱいにして、ちゃんと着ている服が押しつぶされてシワシワになるなんてこともありました。

着ていない服はクローゼットの中でも埃をかぶりカビが生えたりして、何にも良いことがなかった。

着ない服は捨てて、クローゼットに詰め込みすぎないようにすると、シワシワにもならずカビも生えなくなりました。

心配性の私は災害で洗濯出来なかったらどうしようと心配してしまうので、着ている服だけには出来ないけど、増やさないようにクローゼットに収まるだけの量を持とうと思っています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました