必要な数だけを持つことの難しさ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

心配性ゆえストックを持つ

実家では、すぐに買い物に行ける環境ではなかったためストックを持つことは当然でした。

今住んでいるところは徒歩圏内にコンビニもスーパーもドラッグストアもある、実家とは比べものにならないほど便利な場所です。

それでも、ストックは持っています。

腐らないから

以前は洗面台下の収納にギッチギチにストックを持つ事が基準だったのですが、

流石に多すぎるし、ギッチギチに収納すると何を持っているのか分からなくて、カビキラーだけ大量に持っているなんてことになっていました。

安くなっていたから、腐らないからと、洗剤やペーパー類は使いかけとストックとそのストックを持つ生活でした。

片付けを始めて、適量をさぐる

ストックなしには出来ません。

ペーパー類は防災の面でもストックを持っていたほうがいいと思っているから。

ただ、多すぎると収納場所に詰め込みすぎて在庫管理が出来なくなることはわかっていますので、今も適量はどのくらいか、少しずつストックを減らしているところです。

トイレットペーパーが売り切れているらしい

私はペーパー類のなかでも、トイレットペーパーはもちろんですが、鼻炎持ちなのでティッシュペーパーも無いと困ります。

困るので、ストックがいつも多め。

トイレットペーパーはふるさと納税でいただいた物がまだまだあります。

ただ、ティッシュペーパーはガソリンスタンドで時々貰える5個1パックで賄い、風邪や花粉症で無くなりそうになったら買う、というサイクルでここ数年は過ごしていました。

心配性ストック魔は今回静観できました

今回のトイレットペーパーが無くなるというデマにも、ストックを持っていることで焦ってドラッグストアに駆け込まなくて済みました。

繰り返し使える物は少ないほうが生活が楽になると思っています。でも、使い捨てのものに関してはある程度持っておかなければ、落ち着かない気持ちになります。

トイレットペーパーも、ストックが無くてお店にも無ければ、何らかの方法があったと思うのですが、

マスクが手に入らないことを経験した後の、トイレットペーパー騒動ということで、手に入らなかったらどうしようと、買いに走ってしまう気持ちはわかります。

冷静でいられたのはストックが家にあったから。

不測の事態に備える

今回のマスクの品薄やトイレットペーパー買い占めは、物の量について考えるいい機会ではありました。

マスクは正直なところ、去年コストコで買った時には多すぎた失敗したと思っていたのですが、今年、助かりました。

花粉症と、乾燥から喉風邪をひきやすいので、マスクは必需品。

物の適量なんて、未来がわかるわけではない以上、正解なんてないですが、

これからも買えなくなったら困る物は、ある程度持っておく所存です。

そのある程度の量が難しいのですが。

あ、いかん。ループしてきた…

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました