悩んだけど、人に譲る

スポンサーリンク

趣味の物は思い入れがあります。

スポンサーリンク

独身時代の習い事

レザークラフトを習っていて、その時の道具や小物がまだあります。

一緒に習っていた友人は現在も続けていて、消耗品は使ってもらえるかもと連絡してみました。

人に譲るのは基本したくない

私の捨て活動に、他人を巻き込むことはしたくないのですが、

未使用品があり、どうしても捨てるには忍びなくて持ち続けていました。

彼女が使わないなら諦められると思って、使ってもらえるか聞いてみました。

要らなかったら正直に言ってね!としつこいほどお願いして。

消耗品なら使うからと、こころよく受け取ってくれたので、ありがたかったです。

片付けを意識する年代

今回受け取ってくれた友人はレザークラフトを仕事にしているので、使ってもらえるかもと連絡しました。

ただ、彼女もそろそろ物を減らして片付けをしなければと言っていたので、

仕事に使う物だからと安易に譲って良かったのか…

悩みます。

こちらからは声をかけないようにしよう

人に「いる?」と聞かれて、

「いらない」と、答えることのなんと難しいことか。

樹木希林さんが物を受け取らない主義だからと、一般人の方から「あげる」と差し出された物を絶対に受け取らない様子をテレビで観ました。

受け取った方がよっぽど簡単。

あげると言った人も、引っ込みがつかなかったのでしょうが、不機嫌な顔で誰々は受け取ってくれたのに…と。

いらないと断ることは難しい。要らなければ捨ててもいいから受け取ってと言われても、

捨てることが苦手な人もいるんですよね。

人を苦しめてるかもしれない、くらいに思って、

「いる?」と聞かないように気をつけようと思いました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました