ストレスは怖い。円形脱毛症編

スポンサーリンク

私が初めて円形脱毛を発見したのは今から16年前、20代後半のころでした。

原因

当時、私は今と同じようにパートで働いていましたが、その職場はお給料は少なかったのですが、事務所にいて電話番をするという仕事で、仕事の面ではストレスを感じることはありませんでした。

しかし、私生活で住居を購入する手続きをしていたため、日常生活では縁のない、それこそ一生に一度の経験をしていました。

そのとき、義父が夫が職場にいるときを狙って何度も電話をかけてきました。夫が義父に住居購入の報告をなかなかしなかったことを、私に言ってきていたのです。

義父にすれば、少し愚痴をこぼしただけのつもりだったのかもしれませんが、私にとっては、物凄いストレスでした。

500円玉大のおはげを発見した時

今思えば、抜け毛が酷かったのですが、髪が長かったこともあり円形脱毛には全く気付いていませんでしたが、ある時、前髪が邪魔だったのでピンでとめようとすると、髪が引っかからず「ズルっ」と髪がむけたのです!

その時とった行動

丁度外出中だったので、急いで家に帰り、髪をかき分けて確認したところ500円玉大に脱毛していました。こんなこと初めてだったので、心臓はバクバクいうし(大袈裟)落ち着かなくて、家の中をグルグル歩き回っていました。

とりあえず、友達に聞いてもらおうと電話で報告し驚かれ、帰宅した夫に見せて驚かれすると、だんだん落ち着いてきました。話すと気が済みますね。

結局のところ

抜け毛が多かったと後から思い出し、原因は義父からの電話かな?と予想してからは、なるべく電話をとらないようにしたり、夫に相談したり(あまり意味はなかったけど)して、ストレスから離れるしか対策はできませんでした。

病院に行くことも考えたのですが、ストレス性ならばそのストレスを何とかしないとどうにもなりません。対人関係のストレスは自分だけの行動では無くならないし。

その後2度、3個の円形脱毛ができましたが、原因かな?という事柄から離れて治っています。

しかし、私も40代になり、これからも同じように治るかはわかりませんし、次は体調を崩したり、精神状態が悪くなることもあるかもしれません。

同じ悩むなら対人関係で悩むより、いかに節約をするかとか、ワードプレス難しい!とかに悩みたいです。頭の体操になりそうです。

タイトルとURLをコピーしました